ランチブログ
エンターテイメントが中心になる予定。
Google
プロフィール

lunch

Author:lunch
性別:男
(男の中の男)
だいぶ記事アップごぶさただけど
気軽にコメント・TBしていいと思うよ!
ナニゲに老若男女で友達募集中。
----------------------------
FC2ブログて履歴が残るからちょっとしたSNSみたいだよね!
ってことでカタクならずに友達登録ってのはドウデスカ!?
FC2ブログでなくてもいいので日記系でいいよって人はリンクしていきましょう!((●>∀<)ノわ~ぃ!
コメント欄にて受け付け中(≧∀≦)
----------------------------
最近ココに飛び込んできた方へ
・最近の話題ちゃん
エクスペリア買いマシタ
カエラちゃんに夢中デス
YUKIちゃん新譜かなり好き
音楽はやっぱりすばらしい
ブログもやっぱりすばらしい
----------------------------
このブログの一番はじめから読んでみたいっていうセレブなお方ここからどぞ
----------------------------
木村カエラが好き!っていうコミュニティ作りました。
YUKI ユキ ゆきんこ っていうコミュニティ作りました。
田中美保ちゃんのコミュニティも作ってます。

お友達リンク

このブログとリンクするか
考えてみる(*´∀`*)..。.:

友達申請・コミュニティ登録

この人とブロともになってみる

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

マネーパートナーズ

     マネーパートナーズ 
     いまなら3000円が
     もらえるチャンス
     みたいです

面白そうなものはここ



楽天カード

てぃんくる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立新美術館
kokuritsushin.jpg

kokuritsunai.jpg

さっきのピカソの展示会ではじめて行ったところだけど
とってもイイ!
ほんといい美術館デシタ

展示の仕方も作品に空間をとっていて広々観やすい
遮るものがなくダイレクトに作品が展示されていて
これがどんなに(金額を考えたら)高価なものかをとっぱらって
「観せるために」「感じるために」展示してマス

ピカソ晩年の作品は子供のようなタッチになる訳だけど
ピカソは(自分の)子供に対して子供にもわかるタッチで描いているんじゃないのかな、って勝手に想像してたんだけど
だからピカソ自身、作品には近い距離で触れていいよ、ってスタンスじゃないのかなって思うんだけど
国立新美術館はまさにそんな展示方法デシタ
スバラシイ!

床も足音とかあんまり感じさせない作りだったかな
白い壁で天井も高く照明も明るい

作品とともに作家を感じられる「空間」が出来ていたように感じました

国立新美術館は六本木駅から歩いて
んーちょっと距離ありマス
六本木トンネルからのコースが雰囲気いいかもヨ!

国立新美術館のサイトはここから

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡
picasso1.jpg

ピカソ展に行ってきたヨ!
何年振りだろうって感じ
ピカソに会うのは

2006年に来てたよね
これは行かなかった
なんでだろ
ちょっと後悔

年々好きになってるのがわかりマス!
ほんと好き

観てる回数はルノワールやマネやモネの方がたぶん展示回数もおおいのもあってか
けっこう観てきたしきれいだなって思ってるけど
ピカソはこれまで観たどの画家よりもピンとくる
ってのがいろんな画家を観ててさらにわかってきた

ってことで国立新美術館開催の「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」のお話し

作品数がおおくてヨシ!
いろんな面でのピカソが観れててヨシ!
デス(簡単な感想ダナ!)

作品ひとつひとつについての感想は書かないけど
今回の展示は行ってみた方がイイヨ!
ポストカードはマンドリンを弾く男とヤギの彫刻のを買いました

12/14までだから混んでるかもしれないけどゆっくり観れないとしても行った方がいいデス(もう一回行きたいくらい)
この記事を見た人の明日はピカソ行きデス

んで絵画だけでなく彫刻もいっぱいあってよかったヨ!


関連記事

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

デスレース
20081213133828
怒涛のごとく日がながれていきますガ

さすが師走といった感じデス

映画観に行きました!

デスレース

これはつまらなそうだし観に行かないナ!って思ってたんだけど

その時観たいのがなかったのでいたしかたないチョイス


えっと感想からいうとマズマズオアそこそこ


このくらいの映画だろう、ってライン引きをしてればつまらないものものじゃないヨ

話はたんたんと思ってるとおりに進んでいきます

特に抑揚もなく特徴もなく驚きもなく(ある意味この平坦さがスゴイ!)ストレートに進むよ

カーアクションは全部がCGじゃないってのがウリなのかな

なにげにラストはニヤっと笑うようになってます

やっぱりこれも年齢制限ありものなのでテレビでやるとしたら深夜かエグいシーンはカットになるだろうから(そんなにエグくはないけど)

そういった意味で観るなら劇場かDVDで!

関連記事

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。